CELVIT EX
Ultimate 48h Special Face Mask

¥6,000 (税別)

セルビット
アルティメイト 48h スペシャルマスク 〈フェイスマスク〉


〈美容液〉 容量:30mL×4枚

うっとりするほどの、つけ心地。 はずした後も、
長時間のうるおい肌が持続します。

商品カテゴリー:

説明

CELVIT EX

Ultimate 48h Special Face Mask


セルビットEX アルティメイト48h スペシャルマスク
30mL×4枚 6,000円(税抜)


うっとりの、つけ心地。

いつまでも続く、うるおい感。

 

はずした後も、長時間のうるおい肌が持続します。

天然素材で作られたコットンの柔らかで滑らかな肌触りのシートに、ナノソーム化したヒト幹細胞培養液エキスや、プロテオグリカン、プラセンタなどの整肌・保湿成分を贅沢に配合した美容液をたっぷりと含ませました。
肌に高密着しながら、潤いのなかに包み込まれるようなつけ心地と、使用後も長時間保たれる潤い感が、艶やかなハリツヤ肌に導きます。

 

【ご使用方法】

❶化粧水でお肌を整えた後、袋からマスクを取り出します。
❷マスクを広げてから、目の位置に合わせ、次に口の位置に合わせて顔全体にあててください。
❸約10〜15分経ってから、マスクをはがしてください。
お肌に残った美容液は手のひらで優しくなじませたり、デコルテや腕にのばしてお使いください。
※乳液やクリームなどでお手入れをする場合は、パックの後にお使 いください。


 

ヒト脂肪細胞順化培養液エキス

ヒト脂肪細胞順化培養液エキスは、幹細胞が分泌する成分である成長因子(グロースファクター)やサイトカイン、インターロイキン、SODなど、優れた生理的活性効果を持つ様々な成分に加えて、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの細胞外タンパク質成分が豊富に含まれています。

ヒト脂肪細胞順化培養液エキスは皮膚老化と損傷を防止し、皮膚組織の再生を促進する高機能性生物素材です。

シワ改善効果や美白効果、抗酸化作用、発毛、増毛効果等、様々な性的活性効果が学術発表されています。
研究分野では幹細胞培養液を活用した再生医療の研究が盛んに行われています。

 

エクソソーム

キレートジャパンのヒト脂肪細胞順化培養液エキスは、エクソソーム(情報カプセル)をたくさん生み出します。これは、他社製品にはほとんどない特徴です。

近年、エクソソームは、離れた細胞や組織に情報を伝達するための役割を担っている可能性が指摘されています。 分泌されたエクソソームが受け取り側の細胞の表面にある受容体に作用してシグナル伝達を引き起こすことや、細胞内部に取り込まれたエクソソームの内容物が受け取り側の細胞で機能することが考えられています。

 


ナイアシンアミド

「ニコチン酸アミド」と呼ばれておりビタミンB3に属する水溶性(水に溶ける性質)成分です。昔は、動植物(牛の肝臓や米ぬかなど)から抽出されたものが使われていたが、現在は、β-シアノピリジンから合成されている。白色の結晶または結晶性の粉末で匂いはありません。

セラミドに直接働きかける 角質層に存在するセラミド(細胞間脂質)は、皮膚の水分を保持する大黒柱です。
ナイアシンアミドは、皮膚のセラミド(細胞間脂質)の合成を助け、バリア機能をサポートするという実証があります。
(特開平9-2952号公報・特開平11-209285号公報)皮膚の乾燥や荒れを、未然にセーブする効果があると考えられます。

血行を促進する
ナイアシンアミドは、皮膚の血行促進効果を持つことが知られています。(British Journal of Dermatology 116,1987)ターンオーバーを整え皮膚の健康を後押しすると考えられます。

メラニンを抑制する

ナイアシンアミドは美白成分としても定評があり、メラニンが表皮細胞に受け渡されるのを抑制する作用があるといわれています。
つまり、皮膚のシミやソバカスの過剰な表面化を、阻害する効果があると考えられます。
成分表示名は、ナイアシンアミドではなく、「ニコチン酸アミド」となります。

 


プロテオグリカン

プロテオグリカンは、肌の細胞の増殖や、ヒアルロン酸、I型コラーゲンの産生を促し、なおかつそれ自体高い保水能力を持ち、肌荒れ、シワ、肌の弾力、メラニン生成抑制作用や色素沈着改善作用も確認され、若々しい肌を保ちます。

 

EGF様作用によるエイジングケアへの効果

EGF(Epidermal Growth Factor)とは「上皮細胞増殖( 成長) 因子」と呼ばれ、細胞の成長と増殖の調整に重要な役割を担っています。
このEGFは年齢とともに減少し、70代では20代の1/6にまで減少すると報告されています。

こうしたEGFの減少は細胞の再生能を低下させ、ターンオーバーを遅らせて肌老化の原因となります。 真ん中緑色の線がコアタンパク質。 その一番下にEGF様領域があります。

プロテオグリカンのコアタンパク質にはEGF様領域が存在してますが、サケ鼻軟骨由来プロテオグリカンにEGF様作用のあることが、弘前大学のヒト線維芽細胞を用いた研究により確認されました。

つまりプロテオグリカンは、細胞の成長や増殖を促す機能がある、ということになります。
プロテオグリカンのEGF様作用は、細胞の再生、ヒアルロン酸の産生を促し、エイジングケアへの効果が期待できます。


ヒアルロン酸産生促進作用

プロテオグリカンは、ヒアルロン酸の産生を促すことが確認されています。 ヒアルロン酸産生促進作用ヒト正常真皮線維芽細胞を用いた、 プロテオグリカンのヒアルロン酸産生促進作用の試験。プロテオグリカンの添加量に応じて、ヒアルロン酸量が有意に増加しています。

I型コラーゲン産生促進作用

プロテオグリカンは、I型コラーゲンの産生を促すことが確認されています。 I型コラーゲン産生促進作用ヒト正常真皮線維芽細胞を用いた、プロテオグリカンのI型コラーゲン酸産生促進作用の試験。プロテオグリカンの添加量に応じて、I型コラーゲンが有意に増加しています。


プラセンタエキス

プラセンタエキスには、チアミン・リホブラミン・ピリドキシン・パントテン酸などのビタミン成分、アルギニン・シスチン・グルタミン酸・セリンなどのアミノ酸成分、カルシウム・ナトリウム・カリウムなどのミネラル成分、さらに、コレステロール・酵素(アルカリ性フォスファターゼ)デオキシリボ核酸などで構成されています。 期待される働きとしては、働きとしては、 1.メラニンを抑制して、シミ・そばかすを防ぐ 2.皮膚の血行促進 3.潤いを与える 4.肌荒れを防ぐ などが挙げられます。 特に、美白作用に優れ、メラニンの生成を抑えるとともに、メラニンの排泄を促す両方の作用を持つと言われています。

 

 

ダマスクバラ花水

ダマスクバラ花水は非常に高い保湿力をもっており、その効果を持続させることもできるため、特に乾燥しがちな肌によくなじみます。乾燥を防ぐことで肌にハリやツヤを与え、若々しい肌を保つことができるのです。

毛細血管を広げることで血流を改善する効果もあるので、目の下のクマや肌のくすみに働きかけます。またその豊かな香りは、ストレス緩和やリラクゼーション効果、さらに女性ホルモンの働きを正常化させる作用もあり、肌を外側と内側の両方からサポートしてくれます。

 

アルガニアスピノサ核油

アルガニアスピノサ核油はアルガン樹木の種子から取れる油成分で一般的にはアルガンオイルと呼ばれている成分です。
オレイン酸をはじめとする不飽和脂肪酸が多く含まれる事から、抗酸化、保湿、肌の柔軟に効果のある成分です。

アルガンの木は、モロッコの南西部の乾燥地帯に生息する樹木で、生命力が強く1年も雨が降らなくても枯れないと言われています。その理由として、根を地中深くに伸ばしており、最大100mもの地中深くまで到達していると言われています。
また葉は空気中から水分を摂取しているのです。

1本の樹から1リットルしか搾れない貴重なオイルで、オレイン酸や必須脂肪酸であるリノール酸、ビタミンA、B、Eを含む多機能オイル。さらっと軽いテクスチャーで、肌をやわらげ、しっとりとうるおってしなやかな肌に導きます。

 

マスク充填工場

「バイオセルロース」、「コットン」、「不織布」などのさまざまなシート素材のフェイスマスクを、折り工程から充填、ヒートシールまで、専用のマシンで自動化しています。 重要工程に人手を介さない製品化により、極めて衛生的で高品質なマスク製品を高速に生産することが可能です。